<< 2009 Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>

入院 19日目

入院してから病院に引きこもってる。
近所の散歩すら出ていない。
少しぐらい外に出ろよって思う。

私は…こうやって自分を責めて追い詰める。
この癖も直したい。

少しずつ「ありがとう」って
言えるようになってる。
ちょっと嬉しい。
 
スポンサーサイト


入院 20日目

昨夜の夜勤は看護士長さんだった。

最近は泣きたいけど泣けない。
苦しいから助けてほしい。
何かを溜めてるモノ感じて
士長さんに話を聞いてもらった。

話を始める前に士長さんが
「…はい。手。」
って、手を差し出して
私の手を握ってくれた。
その瞬間、私は堰を切って号泣。
温かくて柔らかい手は
本当に安心する。
…15分くらいは泣いてたかな…?
話を聞いてもらって良かった。


でも休養が分からないまま。
緊張の糸は張ったまま。
自分の為に時間を使った事がないから
どうしていいのか全然 分からない。

これは時間をかけないとダメみたいし、
自分にもう少し優しくしないと
ダメみたいだ。
 

入院 21日目

熟睡 出来ない。眠い。
力んでる理由が分からない。
頭が痛い。肩が痛い。
マッサージしてほしい。

…何か良い事ないかなぁ?
 

入院 22日目

私は未だに家族との死別を
受け入れてない気がしてきた。
独りなのが信じられない。
家族がいないなんて嘘みたい。

自死遺族の本を読んでて
……そんな気がしてきた。

『誰かに1から話したい。』
『今の気持ちを話したい。』
…そんな思いが強くなってる。
分かち合いたくてたまらない。
 

入院 23日目

自死・自死遺族の本を
読んで気がついた。

自死遺族である私は
他の自死遺族と比べて
「まだ幸せな方」と思い
「怠けちゃ駄目だ」と
言い聞かせてる。

そんな事は関係ない。
比べられない事なのに。

生きてりゃいいじゃん。
医師から言われたように
ただ心を楽にすればいいじゃん。

頭ばっかり働かして。
「それじゃ休めないよ」
…なんてゴチャゴチャ考えてるんだ。
 

入院 24日目

入院して3週間になるな。

さて。
ちょっとタバコの本数が増えてる。
今朝は3本吸っちゃった。
多くても1日5本にしたい。

喫煙室のヤニ臭さは凄い。
半端じゃない。とても煙たい。
喫煙室は常に人がいて
タバコをて吸ってる。
私の髪や服がタバコ臭くなる。
もう私がタバコの吸い殻に
なったんじゃないかと思わせる。

私はそんな所に行ってまで
タバコを吸いたいとは思わない。
クリーンな入院生活をしたいんだ。
 

入院 25日目



自死遺族に関する本を読んだ。
『自ら逝ったあなた、残された私』(朝日新聞出版)
今 読む本じゃなかったかもしれない。
少々、辛かった。

「自死遺族にどう接すればよいか」
…という内容があった。
確かに書いてあるみたいに
接してもらえると
とても有り難いと思うモノだった。

…だけど身近に
自死遺族がいる人でも
この本をなかなか
手に取らないと思う。
この本は自死遺族が

手に取る本だと思う。

「自死遺族の接し方」として
別冊で出版してほしいと願う。

自死遺族の認知度は、まだまだ低い。
 

ありがとう と ごめんなさい

コメント、拍手 ありがとうございます。
でも時間の都合上、返信出来なくて ごめんなさい。
 

入院 26日目

今日は外出してますよ。
銀行とか本屋とか自宅に寄ってますよ。

…とにかくヒマだから
懲りずに自死に関する本を読みたいと
2〜3店巡って探したけど
そんな本を常時置いてる店なんて
全然ないわけですよ。
分かっててもガッカリですよ。

なんとなく気になって
自宅に帰った時に本棚を見たら
まだ読んでない本を2冊発見した!
…無駄な出費をするトコロだった。
危ない、危ない。


さて。PCを立ち上げずに
このまま病院に戻りますよ。
 

入院 27日目

私の病室に新人さんが来た。
感じの良いオバサンですよ。
最近 退院ばかりだったけど
体調を崩して念の為に
再び入院したそうだ。
こういう人は少なくない。

このオバサンは話が出来る人みたい。
少し安心した。
あとは ある程度の常識があるか? 否か?
私が特に心配してるのは
うるさく話かけてこないか?
就寝中に静かに出来るか?

他にベッドが空いてるのに
私と同室にしたのならば
おそらく士長が大丈夫
と思ったんだろう
…と思いたいトコロだ。

ちなみに私と同室の人は
皆、背が150cmもなく小さい。
そして体型が丸い…。
 

入院 28日目

個人情報になるから書いては いけないかもしれない。
でも書かせて。

昨夜、同室の小柄の女性が
体格が大きい男性に、突然 殴られた。

彼女は談話室の共同TV で
歌番組を見て歌ってた。
そこに男性が 「ウルセーんだよっ!!」 と顔を殴りつけた。

事態が少し落ち着いた頃に
私は野次馬根性で様子を見に行った。
…事の大きさに衝撃を受けた。
野次馬で行った私は最低だ。
看護室で彼女は大きなタオルで
顔の右側を押さえてた座ってた。
その姿に急に涙が溢れてしまった。

彼女と部屋が一緒でも、特別に仲が良いわけじゃない。

昔、仕事で起こった事が
フラッシュバックしたのかもしれない。

私は彼女を抱きたくて
病室で彼女の小さな体を抱いた。
抱擁して2人で泣いた。

殴りつけた男性は彼なりに
何か苛立っていたんだろう。
それが突発的な暴力になった。
自分の気持ちを表現が出来ず
こんな事になったと思う。
それはそれで…とても悲しい話だ。
今朝、職員から聞いた話によると
『彼は「俺も苦しいんだ。」
と言っていた』らしい。
本当に辛かったんだろう。

だからと言って暴力は許せない。

看護室から自分達の病室に戻る時
手をつないで歩いた。
彼女はとても小さくて温かかったよ。



 

入院 29日目

今日も ちょいと外出中だよ。
先日の外出した時 Tシャツを買ったけど
Tシャツのサイズが合わず
返品する為に 外出してるんだよ。
Tシャツ類ってさ、試着は無理なんだもん。
買って着てみいたら…ショック! 大打撃!
たけど 全然 ダメじゃん。
デブの悲しい現実だよ。 とほほ。

さて。 そろそろ病院に戻るとするかぁ。



 

入院 30日目

あ。入院して1ヶ月、早いなぁ。
でも休養してる気はないまま。


ベランダでコーヒーを飲み一服してたら
あるヘルパーさんに
「散歩とか あんまり外に出ないわねぇ。」と言われた。
…確かに病院の近場に出てないな。
散歩とかする気が出ないんだよね。

まだまだ部屋に こもって
ゴロゴロしていたい。


回復の道は遠い…なぁ。
 

入院 31日目



また1冊、自死遺族に関する本を読んだ。
「自殺、そして遺された人々」 高橋祥友 箸
新興医学出版社

この本は自殺の後に
遺された人々の心理の説明と
そのケアを書いてある。

自死遺族だけじゃなく
その周囲の人にも
分かりやすくて読みやすい。
この本は参考になると思う。
お勧めします。

ただ平成15年に出版されてるから、
ちょっと情報が古い所があると思う。


また次の本を読むぞ。
…でも今日は とても眠いよぉ。
 

入院 32日目

午前中はSSTに参加した。
(SSTって何?という方々、
申し訳ないですがご自身で
ネットなどでお調べ下さい)

今回は3回に分けて
休養、リラクゼーションについてやる。
呼吸法、アロマテラピーについてやった。
『考えないで感じて下さい。』
おっと、それは私の課題じゃないか!
これを機会に英気を
養おうじゃないかっ!

簡単に今日やったまとめると
洗面器にお湯をはり足を入れる。
それに気に入ったアロマオイルを少々。
そのまま、ゆっくりと複式呼吸をする。

…これだけでも身体が和らぐらしい。
実際にやって効果が出てる人もいた。

私は相変わらずゴチャゴチャと考えてる。
あぁ…リラックスが分からないよ。(泣)
 

入院 33日目

朝コーヒーの支度をしようとして…
ガシャーンッ!!
豆を入れてたガラス容器を落とした。
コーヒーが床に飛び散った。

…あぁ…とうとう やっちゃったよ…。
いつかやるとは思ってたんだよ。

朝からウルサイよ!!
朝から落ち込むよ!!
…トホホ。

そんな訳で午前中の内に
プラチック容器を買ってきたよ。
余計な出費だよ!!
かずノ助のバカ!!


目標。
落ち着いた大人の女性に なること。
 

入院 34日目

20090516123608
ちょうど1年前に入院してた時に
東ハトの『オールレーズン』シリーズから
「オールあずき」が発売された。
即 食べてみたら美味しくなかった。
…という事があったんですが。
(過去の日記を読んでみてちょ)

今年は念願だった
「オールアップル」が売ってたっ!
即 購入っ!!
あぁ、美味しいよ…オールアップル。

カロリー高いけど食べてみて。
結構 美味しいから。


入院中の楽しみなんてさ
…こんなもんだよねぇ。
 

入院 35日目

昨夜は夜勤だった看護士長さんに
話を聞いてもらった。
泣くような話ではなくて
山積してる問題の事情を
聞いてもらった。
スッキリして、気持ち良く寝た。

それで今朝。
なんとなく Fishmans の
『My Life』を聴いてたら

壊れた。

出てきた言葉は
「……助けて。」
急いで士長さんに泣きついた。
手を握ってもらい、泣かせてもらった。
安心して落ち着き立ち直れた。

士長さんは恩師と同じくらい
泣きながら安心して
素直に話せて頼れる人。



心から感謝してます。
本当にありがとうございます。
 

入院 36日目

20090518123810
月に1度、美容師が病院に来て
カットやパーマや白髪染めをしてくれる。
料金が安い。カット1400円なり。
それで私バッサリと切りましたよ!
ショートショートですよ。
サルっぽいという気がするんだけど
似合ってるのかが心配ですよ。

…心もサッパリ出来るといいなぁ。
 

入院 37日目

入院してから就寝前の薬(睡眠薬)に
最初から追加の睡眠薬の
フルニトラゼパムを一緒に服用してた。

でも この2〜3日は
服用せずに眠れている。
睡眠に問題ないのは救いだ。

あと…良い夢が見たいもんだな。
 

入院 38日目



また1冊、読み終えた。
『自殺で遺された人たちのサポートガイド』
アン・スモーリン、ジョンガイナン 箸
柳沢圭子 訳 明石書店

この本は…痛い内容だったな。
自殺者の遺族が抱く様々な
思いが書いてあった。
自殺者などの背景には
アルコール依存薬、薬物や
共依存やACまでが見え隠れしてくる。
だから心当たりがある事が多く書かれてた。
どうやら私は…そういう問題から
避けられない人間みたいだ。

次に読む本を既に注文した。
とりあえず今は本を読みたいんだ。
少しでも問題解決の手がかり欲しいんだ。



 

入院 39日目

これから病室を2階から3階へ移るよ。
新しく患者さんが来るらしい。
今の部屋、気に入ってたのにな。
…ちょっと残念だな。
 

自死遺族の立場

今は自死遺族としての
苦しさが際立ってる。
何が苦しいかというと、
立ち直りのきっかけが
分からない。
立ち直り方を知りたくて
本を読みあさってる。

その様子の私を心配して下さる
コメントやメールをもらいます。
本当にありがとうございます。

今の私は自責や罪悪感は少ないです。
大切な人を亡くした事の重大さ。
それと寂しさと孤独感に
耐えるのが非常に辛いです。

「なんで? どうして?」というのは
考えないようにしてます。
それに、そんな事を考えても仕方がない。

これからも…しぶとく生きたいです。



さて? この雑記、
何が伝えたいのでしょうかね?
 

入院 40日目

20090523121202
本日は外出してた。
自死遺族の分かち合いのに参加してきたよ。

少しチカラをつけたのかな?
感覚が鈍っているのかな?
…分からない。

外出したのをいい事に
病院の給食では食べらんない
お肉をたくさん食べましたよ。
やよい軒の「サーロインステーキ定食」
980円なり♪


私は入院するのも回復への
有効な手段だと思っています。
ゆっくりと休んでほしいです。
 

入院 41日目

昨日の自死遺族の分かち合いに
参加したのは正解だったよ。

本当は思いを、ありったけ話して
大泣きしてこようと思ってた。
…なのに私は他人ごとの様に話し
泣く事すらも出来なかった。
それでも参加して良かったと思った。

そんな気分で病院に戻ってから
新しい自死遺族の本を読み始めた。
自死遺族の反応のひとつを
読んで息が止まった。

「何も感じない。」という一言だった。

今の私は感じていない。
あんなに苦しくて辛い思いはもう嫌だ
と…無意識に感じる事を避けていた。

避ける事で楽になったかというと…
楽になる事は全然なかった。
逆に涙を流せず、とても苦しかった。

感じる事を避けていたら
リラックスだって出来なはずだよ。
あぁ…やっと少しだけでも楽になった。

感情はとても大切だと痛感した1日。
これからは感情を汲み取るよう、
それと感情を出せるようになりたい…。
 

入院 42日目

嬉しい事に昨日 退院した人がして
その人がいた病室に移る事が出来たよ♪


部屋を移ったら相変わらずの
おせっかい病が出てきてしまった。
同室になる人に軽く挨拶をした。
その中には年下の女性がいる。
彼女に挨拶したら一気に話し始めた。
自分の話ばかり。
明らかに助けを求めていて
話し方、生い立ちなどが物語ってる。
私から見ると、その女性は完璧なACだ。
しかも解離している。
本当に余計なお世話だけど、
AC専門のカウンセリングを受けるとか、
ACの自助グループの参加してほしい。
…なんて考えてしまう。
人の心配をしてる余裕なんてないのに。

とにかく自分優先だ。
今の私には休養が必要なんだ。
彼女とは早く距離を取らなくちゃ。
 

入院 43日目

久々に爆睡してます。
朝食から昼食まで、ずっと寝てました。
明日は外出を予定をしてたんですが
予定を取り消して
おとなしく寝ていようかと思ってます。
…午後に入浴がなければ、
もっと眠れるのになぁ…。

ふぅ、とても眠いです。
 

入院 44日目

病院は冷房がきいて適度に良い生活。
わざわざ散歩するような気にはならない。
だから再び病院引きこもり状態だ。
それに眠くて眠くて仕方がない。
移った病室は静かだから
気持ち良く寝続けていられる。
それで色んな夢を見てるんだ。
すぐに夢を忘れちゃうけどね。
…夢を覚えてたら面白いのにね。
 

入院 45日目

午前中はSSTに参加したよ。
リラクゼーションについて。
今日で最終回、茶話会をした。
変わったジャスミン茶を飲みながら
今までを振り返って雑談した。

ジャスミン茶って好き。
香りが大好き。
前回のアロマの足湯をした時よりも
リラックス出来たみたい。

どうやら私は香りが良い飲むと
リラックスするようだ。大好きなコーヒーも香が好きだし。

今日、飲んだジャスミン茶を買いたいな。
 

入院 46日目 外泊編1

入院してから 初の外泊、自宅にいますよ。

一応、試験外泊という事で 2泊3日します。

家を空けて 1ヶ月半。

自宅なのに何だか不思議な気分でいますよ。

病院の布団の方が寝心地が良くなってますよ。

フラッシュバックが心配だけど 大丈夫そうです。

でも家に着いて早々に 暴食してしまいました。


ま……なんだかんだと言ってますけど

外泊の主な理由は…寝続けたいだけですよ。



 

自 己 紹 介

    か ず ノ 助 (女性)

   2001年『鬱病)』 発病
       『依存(嗜癖)体質』

   父 病死、自死遺族(母・姉)、天涯孤独

   精神障害者保健福祉手帳 2級

   かずノ助の略歴

   1日分の処方薬 2018.08.26更新

   ブログ
   精神福祉に関する情報局 運営中

   自 殺 に つ い て

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

     かずノ助の日記 (2793)

     ×××× (3)

     精神福祉の情報局 (2)

     やすけの日記 (17)

最 新 コ メ ン ト

メ ー ル フ ォ ー ム

 名 前:
  

 メール:
  

 件 名:
  

 本 文 :
  

   

月 別 ア ー カ イ ブ

訪 問 者 数