<< 2013 Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>

保護費引き下げ

今月から引き下げが始まった。
致し方ないと受け入れるしかない。


引き下げの内容に
「生活扶助基準額について」

 
スポンサーサイト


カウントダウン7

例年になく心が剥き出しになってる為、
とても不安定になってる。
一人になったら急激に悲しみに覆われる。
未だに引きずってる。


最近になって、成仏してるかな?と思う。
成仏していてほしいと願ってる。



 

カウントダウン6

近年になく母の命日が近づいて
ドキドキしています。
どうにかお供え物を用意しよう。


久しぶりに家の中で暴れて
家の中をグチャグチャにしたい
衝動にかられてる。


 

カウントダウン5

そろそろ仏前に花を買ってこようかな?


母が逝った日に自分がどうしてのか
鮮明な部分と、記憶がない部分がある。
ただの物忘れではなく、解離に近い。

まぁ…今も軽く解離してるのもけどね。


 

カウントダウン4

久々に「死にたい」とよぎった。
よぎったけど私は死なないけど。

母の最期の姿が浮かびます。
忘れられない。

命日に囚われ過ぎてもダメだ。
胸が押し潰されそうだ。

久々に自傷行為をしたい夜だな。

 

カウントダウン3

今日は母さんの仏前に供える
花束やお菓子を買ってきた。

とりあえず供えたんだけど
本当に母さんがいないと実感して
供えてる最中から号泣。
物をねだる子供のように泣いた。


やっぱり生きてて欲しかった。


 

カウントダウン2

やはり母親の死は大きいものだ。
しかも自殺。
とても姉に執着していたけれど
今年は何かが違う。

母の死が辛くて辛くてたまらない。

8年も経つのに葬儀をした時と
同じくらいに寂しくて悲しい。

この思いはいつまで続くのだろう?


 

カウントダウン1

母さんに会いたい。
どうしたら会える?

こんな事を思っても
どうにもならないのに。

苦しいから寝逃げする。
せめて夢の中だけでも。


寂しい。悲しい。辛い。


 

母の命日

もう8年になるというのに、
今までで1番悲しい命日だった。
辛かったので寝逃げをしてた。

20130812.jpg


私はまだまだ子供。
生きてると悩む事も多く出てくる。
母に相談したい思いが出てくる。

でも、その母は…この世にいない。


母さんの手料理を食べたくもなるし
何て事ない事を母と話したいと思う。


いない。母がいない現実が辛い。


亡くなった日の事は鮮明に覚えてる。
でも極端に覚えてない事もある。


会いたい。会いたい。会いたい。
そう言って、たくさん泣いた1日だった。


ごめんね。母さん。
病気も治らず、こんな生活をしてて。
アチラの世界から見守っていてね。

 

ありがとう

今日は外来診察だった。
ついでに入院している親友に会ってきた。

友達から「入院して下さい」と懇願されました。

 私の状態は見ていられない。
 自宅で独りぼっち寂しいよ。
 本当は赤ちゃんのように泣きたいじゃない?

そう言われて、やっと自分の状態が分かった。
私は限界なんだと。

友達の後押しで入院を決めました。
すぐに入院するのは無理だと言われてしまった。
入院は次回の診察で相談しましょう…という話に。


後押ししてくれた友達に感謝です。
本当にありがとう。

 

ねむねむ

昨日の疲れが残っているのか
今日は眠くてしかたない。
今夜は早く就寝しようと思う。

 

母さん


それでも母さんは私を許してくれるかな…?


 

薬の管理

一包化にしている処方薬の数が
合わなかったりする事が多くなった。
処方薬が足りなくなるのだ。
恐らく重複して服用してる。

ボーッとしたまま服用してるので
また服用する、という事になってる。

考えた結果、服用した薬の袋を
テーブルに置いておく事にして
寝る前の薬を飲んだら
1日分を捨てる事に決めた。
これならミスがないだろう。

もっと意識するようにしなくちゃなぁ。



 

未だ母さんの命日の痛手が残ってた。

久しぶりにスーパーに行き
生花コーナーで足が止まった。
供える花を買おうかな?とか思って。

そう思ったら涙が溢れそうになり、
買わずに急いでスーパーを出てきた。

母さんが生きているというか、
母さんが死んでいるというか・・・
時々わからなくなるような時がある。
すぐにでも母さんと話をしたい。


独りは寂しい。独りは悲しい。
受け入れ作業が進んでいない。


 

過 食

今日は過食したった~。

コンビニのお弁当を2個。
パン、あげ鶏、デザート。
勢いよくガッついた!

ストレスが溜まってるのかな?

金銭的にも余裕がないのに
一体 何をしてるんだろう?

げんなり。


 

恩師

21日の水曜日に恩師に電話した。
電話するのは久しぶりだった。

今の主治医が我が家と縁がある人。
根本的な治療に取りかかった事。
色々と話をして2時間になった。

恩師の声は、とても落ち着く。
中学の時からお世話になりっぱなし。

「今までで1番声に張りがある」と
褒めてもらえた。嬉しかった。

もうちょっと頑張る!生きていく!


 

再度 決意

9月に短期で入院しようと思う。

一方化をしていて袋にも
朝・昼・夕・就と書いてても
飲み間違える程の上の空。

特に予定がなければ1日寝てる。

相変わらず金銭管理が甘い。

そんな症状があるので
少し休養入院をしたいと思う。
今度の診察時に相談してこよう。


 

本当の怖さ

先日、元歌手の藤圭子さんが亡くなった。
そのニュースを見ていて少し嫌な感じを受けた。
宇多田ヒカリは気丈に振舞っていたそうですが。


私は・・・気丈には出来ませんでした。


===============


突然、寂しさが襲ってきて
火葬場の風景が強烈に鮮明に蘇った。
フラッシュバックした。

母さんも姉さんも
棺に大切にしてた猫のぬいぐるみを
入れて出棺した。
だから母さんも姉さんも寂しくないよね。
そう思ったけど それから崩れ落ちました。

いつもと違い、涙が止まらず、声を出して泣いた。
PTSDの本当の辛さを知る事になる。


「寂しい。悲しい。」
「会いたい。会いたいんだよ。」

いつものフラッシュバックとは違い
なかなか泣き止む事が出来なかった。

そして一瞬だけ「死ぬ」という言葉が出た。

あまりの辛さに友達に電話をした。
話をきいてもらい救ってもらった。
ラリパ、心からありがとう。


こんな状態では自宅で独りは危ないだろう。
改めて入院の必要を感じた。

 

友達

Sちゃんは、心の根っこが近い感じ。

Kちゃんは、心の震えるのが近い感じ。

Bちゃんは、心の繋がりが太い感じ。


心から感謝する人達だ。自慢の友達だ。

 

自 己 紹 介

    か ず ノ 助 (女性)

   2001年『鬱病)』 発病
       『依存(嗜癖)体質』

   父 病死、自死遺族(母・姉)、天涯孤独

   精神障害者保健福祉手帳 2級

   かずノ助の略歴

   1日分の処方薬 2018.08.26更新

   ブログ
   精神福祉に関する情報局 運営中

   自 殺 に つ い て

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

     かずノ助の日記 (2793)

     ×××× (3)

     精神福祉の情報局 (2)

     やすけの日記 (17)

最 新 コ メ ン ト

メ ー ル フ ォ ー ム

 名 前:
  

 メール:
  

 件 名:
  

 本 文 :
  

   

月 別 ア ー カ イ ブ

訪 問 者 数