<< 2018 Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>

仕事のトラウマ 5

やっと夫婦の間に入ってくれる知人が現れた。
何とか2人を引き離そうと、動いていた。
その知人に「早く辞めた方がいい。」と。
(既におかしかったが…)


その助言を受け、逃げ出すように仕事を放棄した。
2002年11月に入ったばかりの日曜日だった。

その日の夜中に、仕事先から電話があった。



 
私は「もう行けません、無理です、ごめんなさい。」

最初は奥さんが「ごめんね。」とずっと謝っていた。
その後ろで旦那が怒鳴っていた。「仕事に来いよ!」

私は、ひたすら「行けません。」と謝り続けてたが
気付くと旦那の怒鳴り声が聞こえなくなっていた…。
「旦那が地図帳を持って、出掛けたから逃げて!」と
奥さんに言われビックリし、すごく慌てた。


知人に連絡し、自宅から逃げろと言われた。
家の近くの駐車場に身を隠していたら
旦那が地図を手に、本当にやってきた。
本当に怖くなった。


奥さんは、警察に電話をし、警察沙汰にした。
知人からの指示だったそうだ。


旦那から、再び電話があり
「家にパトカーが停まってるんだけどさ
 どういう事なんだよ!!」と怒鳴られた。
私は「知らない」と貫いて電話を切った。


その後、警察から電話があり、奥さんを保護すると
連絡が入ったが…警察も頼りない対応ぶりだった…。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

私は一晩、友人の家に泊り、自宅へ帰ると
白いドアには、蹴り飛ばした足跡が付いてた。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・


それから旦那の恐ろしい電話攻撃が始まった。

「てめぇのせいで、グチャグチャだよ!」
「電話に出ろよ! コラァ!!」
1日に何度も何度も、携帯にかかってきた。


自宅を知られてしまっているから
このまま自宅にはいられないと、
しばらくビジネスホテルに泊った。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

そして知人が、もう一人、夫婦の間に入ったおかげで
やっと私への電話攻撃はなくなった。


続く


スポンサーサイト


コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
自 己 紹 介

    か ず ノ 助 (女性)

   2001年『鬱病)』 発病
       『依存(嗜癖)体質』

   父 病死、自死遺族(母・姉)、天涯孤独

   精神障害者保健福祉手帳 2級

   かずノ助の略歴

   1日分の処方薬 2018.08.26更新

   ブログ
   精神福祉に関する情報局 運営中

   自 殺 に つ い て

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

     かずノ助の日記 (2798)

     ×××× (3)

     精神福祉の情報局 (2)

     やすけの日記 (17)

最 新 コ メ ン ト

メ ー ル フ ォ ー ム

 名 前:
  

 メール:
  

 件 名:
  

 本 文 :
  

   

月 別 ア ー カ イ ブ

訪 問 者 数